パソコンヲタクのにょびたが社会保険労務士の国家資格を取得をめざすメディアです

動画を撮る時の基礎知識(フレームレート)

By

動画撮影の基礎知識(フレームレート)

今のスマホもかなり性能が上がってきて、手振れ補正が入っていたりします。

また、写真だけでなく動画も対応しておりスロー撮影や60fpsでとれたりと年々高性能化されていますね。

そこで、この60fpsの意味がわからない人向けにフレームレートについて解説します。

 

動画を撮る時の基礎知識(フレームレート)

 


 


 

動画には

1080pや720iなどの表記と30fpsや60fpsなどの表記があります。前者の1080pというのは画面の縦の辺が1080ピクセルで

pはプログレッシブということを意味します。720iは720ピクセルでiはインターレースという意味です。この意味についてはまた今度解説するとして、

30fpsと60fpsはどういう意味でしょうか?

動画は写真をパラパラ漫画のようにして動かしています。つまり、少しずつ被写体が画面の中で動いている訳です。

では、一定時間の写真の枚数によって動画の滑らかさが変わるのはイメージできるでしょうか?

つまり30fpsは1秒間に30枚の写真があるということを意味します。

60fpsは1秒間に60枚ですね。

つまり、60fpsの方が1秒間に使う写真の枚数が多いので、滑らかに動画が描写できるということになります。

インターネットでは「ヌルヌル動画」といった言い方をされていますね。

iPhone6sはこの60fps動画に対応しており、気軽にヌルヌル動画が撮れるようになっています。

では、逆にデメリットはというと・・・

1秒間に30枚と、60枚では単純に倍の写真の枚数になるので記録するデータ量が大きくなるのがデメリットになります。

また、今までの編集ソフトは30fpsがメインだったので60fpsの動画編集をするには設定を変更する必要なソフトもあります。

 

いかがでしたでしょうか?

ビデオもデジカメも高性能化されていっているので

フレームレートも60fpsに対応した機器も多くなってきています。

意味をわかった上で30fpsなのか、60fpsなのか?

自分で選択してとる動画はまた楽しいものですよ!!



 

カテゴリー: 動画