パソコンヲタクのにょびたが社会保険労務士の国家資格を取得をめざすメディアです

CPUって何?(パソコン基礎講座)

By

CPUって何?(パソコン基礎講座)

どうも!!

パソコンを購入するときに、知っておくととても役立つことをこれから基礎講座としてやっていこうと思います。

まずはCPUについてです。

 

CPUって何?(パソコン基礎講座)


 


 

パソコンの脳みそのCPU

パソコンの能力を測る指標として、CPUは何が乗っているか?を知ることはとても大切ですね。

CPUを作っているメーカーとして主に

・インテル

・AMD

の二つがあります。

 

ここでは一番シェアの大きいインテル製CPUを例にして話を進めていきます。

まず、CPUは Central Prosessing Unitの頭文字をとったもので、日本語では中央演算装置と呼ばれています。

そして、CPUは簡単にいうととても高性能な電卓です。

 

パソコンの脳みそにあたります。

プログラムに従って間違いなく、とても高速で計算をします。

 

そのCPUにも種類がありその能力は大まかにいうと

Core i7>Core i5>Core i3

と言った感じです。このほかにもCPUはあるのですが、ほとんどのパソコンがこのCPUを搭載しています。

また、同じ種類のCPUでも周波数が高いほど演算能力は高くなっています。

 

ただし、CPUの欠点がひとつあります。それは熱に弱いということです。

つまり、電気を流しているので熱が発生するんですがその熱でCPUが暴走することがあります。

パソコンを使っていて、いきなりフリーズしたり青い画面になるのがそれで

熱暴走と呼ばれています。

 

最近は対策でCPUが熱暴走しないように、必要ない時には周波数を抑えて動作させています。

そして、周波数が高いほど熱がでやすいという特徴があります。

 

最近のパソコンはしっかりとした熱対策をしているので、あまり熱暴走をすることはなくなってきましたが

重い作業をする時にはこまめにセーブしておくなどの対策をしていた方が良いですね。

 

CPUについて書きましたが、いかがでしょうか?

まずはCPUは脳みそに当たり、能力によって名前が振られていることを覚えていてくださいね。


 


 

カテゴリー: パソコン基礎講座