パソコンヲタクのにょびたが社会保険労務士の国家資格を取得をめざすメディアです

パソコンを買い換える時に気をつける3つのこと

By

パソコンを買い換える時に気をつける3つのこと

パソコンを買い換える時にどのパソコンを選んだらよいか?

とても悩みますよね。また、買い換える場合は以前のパソコンの知識があるので、まだ購入したいパソコンが決めやすいですが、

初めて買われる方はもっと悩まれると思います。

そこで、今回は「パソコンを買い換える時に気をつけること」をご紹介いたします。

 

パソコンを買い換える時に気をつける3つのこと

 



 

1. パソコンの使用用途をはっきりさせる

パソコンを購入する時に、漠然と「パソコンが欲しい」という方が結構多いのですが、「どのパソコンを買ったら良い?」と相談されて

一番困るのが「何をするためにパソコンを購入するのか?」が決まっていない方です。

率直に言いますと、そのような方の場合「経済的に負担の少ない激安パソコン」または、

何でもできる「高級パソコン(ゲーミングPCのような)」の両極端なアドバイスしかできません。

なので、「インターネットだけしたい」とか「動画編集をしたい」などある程度の使用用途を決めておくことで

店員さんに相談した時に、的確なアドバイスがもらえますよ!!

 

2. ノートパソコンの場合はケチるな!!

デスクトップパソコンとは違い、ノートパソコンの場合は拡張性がほとんどありません。

外部ストレージ(ハードディスクなど)ぐらいなら、USBの外付ハードディスクを増設することができるのですが、

それ以外に、能力を飛躍的に向上させるグラフィックボードなどは購入時に入っているものをずっと使うことになります。

そのため、安いノートパソコンを購入したばかりに2〜3年後には買い換える必要が出てきたりするんですよ。

そこでね、

少し高くてもスペックの高いノートパソコンを選びましょう!!

そうすれば、長く使えますし使用用途もかなり広いです。

さらに、いらなくなった場合売ることもできますよ!!

 

3. 国産に騙されるな!!

はっきり言います。

パソコンに国産はありません!

なぜかと言うと、パソコンの頭脳であるCPUはインテルかAMD製がほとんどですが、日本に入ってくるものはマレーシアやシンガポールで生産されたものですし、

メモリーも台湾など海外のものです。日本のメーカーはこの部品を仕入れて組み立てているので

国産のパソコンはこの世に存在しません。

一部のメーカーはこの国産とうたって、他のメーカーよりも少し高い金額をつけているところもあります。

ただ、厳密には「日本で組み立てている」という意味であり、「日本の工場で部品全てを生産したもの」という意味でないことを知っておく必要があります。

 

いかがでしたでしょうか?

一番重要なのが使用用途を決めておくことです。これが決まれば、自ずとどの価格帯のパソコンが必要になるのかが決まります。

あとは、経済的にどのパソコンにするかを決めれば良いだけなので、悩むことはあまりなくなると思います。

 



 

カテゴリー: パソコン