パソコンヲタクのにょびたが社会保険労務士の国家資格を取得をめざすメディアです

プラトー現象を知って勉強すると挫折しない3つのワケ

By

プラトー現象を知って勉強すると挫折しない3つのワケ

プラトー現象って知っていますか?

 

プラトー現象は様々な分野で起こる現象です。プラトーは「高原」という意味があり、高原現象とも呼ばれています。

 

簡単に説明すると、ダイエットをしたことのある方は多いと思いますがダイエットが進んでくるとある日ピタッと体重が減少しなくなりませんか?

 

普通の言葉で言うと「停滞期」ですが、この停滞期のことをプラトーと呼ぶんです。

 

ここでは、勉強とプラトーとの関係を知って勉強に挫折しないことをご紹介していきます。

 

プラトー現象を知って勉強すると挫折しない3つのワケ

 



 

挫折するときはプラトーのど真ん中にいることがほとんど!!

① 勉強にもプラトー(停滞期)は存在します。

最初のうちは、勉強すればするほど学力は向上していくものですが、あるレベルになるといきなり点数が伸び悩んだりします。

 

このプラトーの時に人は勉強がつまらなく感じることが非常に多いです。

 

人間は努力をすると結果を必ず求めます。そのためプラトーに入ると努力と手に入れることができる結果とのバランスが崩れてしまい、「結果が出ないことに努力をする」ことを必要とされる状態になります。

 

しかし、この状態は何も知らないと非常に精神的に疲れますのでプラトーで勉強を挫折するケースがほとんどということになります。

 

② プラトーの時に何が起こっているのか?

プラトーはいきなりやってきますが、プラトーの時には何が脳の中で起こっているのでしょうか?

 

勉強という分野に限って考えてみると、プラトーの時はある勉強した知識と別の知識とのリンクがうまくできていないことがあります。

 

また、その問題を解くために必要な知識が足りないこともあります。

 

前者の場合には、すでに脳の中には必要な知識があるのにもかかわらず、うまく思い出せなかったりするために勉強が得点に結びついていないケースです。

 

解説を読むと「知っているのになぜ解けないのだろう??」という状態です。

 

後者の場合は、知識不足のため得点が伸び悩んでいます。

 

③ プラトーは勉強を続けることで脱却できる

プラトーが起こると伸び悩みが起こるのですが、これからの脱却方法はたった一つ。

 

「勉強を続ける」

 

これしかありません。プラトーは先ほども書いた通り、問題を解くための知識が足りなかったり、脳の中でうまくリンクできていないため起こっています。

 

しかし、勉強を続けていると突然問題が解けるようになる瞬間がやってきます。

 

このプラトーの脱却が起こると、得点もグッと伸びます。

 

ただし、このプラトーはまたやってきます。ただし、以前のレベルより上のレベルでプラトーが起こります。

 

このことから、勉強は勉強時間や努力の量に比例して結果がついてくるのではなく、階段状に得点が上がる時期とプラトーで伸び悩む時期が交互にやってくるということです。

 

勉強をする時には、このプラトーがやってくるとレベルがグッと上がる前触れだと思って、続けて勉強することが非常に大切になってきます。

 
 
 

いかがでしたでしょうか?

 

プラトーという現象は勉強においては、非常に辛い時期です。しかし、必ず脱却してグッとレベルが上がる時期がやってきますので負けずに勉強を続けましょう。

 

また、プラトーを知っておくだけでも挫折しにくくなりますよ。


カテゴリー: 勉強に役立つ知識